歳をとっても活発に動きたいなら大正グルコサミンを摂取しよう

田七人参で糖尿病予防

サプリメント

サポニンの量が多い

健康診断でヘモグロビンa1cの値が高いと言われたら、糖尿病に気をつけなければなりません。不規則な生活習慣を改め、炭水化物や糖質は控えたほうが良いでしょう。食生活に偏りがあるときは、栄養補助食品の助けを借りるのもひとつの方法です。ヘモグロビンa1cが高い方に人気なのが、田七人参を主成分にしたサプリメントです。田七人参は伝統的な生薬の材料である高麗人参と同じ、ウコギ科の植物です。もちろん高麗人蔘にも高い薬効がありますが、田七人参の薬効はそれを上回るとされています。その理由は有効成分のサポニンが、高麗人参の3〜7倍も含まれていることです。またビタミンB1や鉄分は2倍以上など、きわめて豊富な栄養素を含んでいます。

副作用が少ない

高麗人蔘は血圧を上げる作用があり、高血圧の方は利用しないほうが良いとされています。しかし田七人参には、大きな副作用は認められていません。誰でも安心して飲めることが、田七人参の特徴のひとつです。ほかにも抗酸化作用のあるフラボノイドや、血流を促進する田七ケトンなどの有効成分が含まれていて、生活習慣により傷ついた体を修復し、ヘモグロビンa1cの値を低下させる効果が期待できます。ヘモグロビンa1cは過去1〜2か月の血糖値を表す指標なので、サプリを飲んだ直後に下がるわけではありません。田七人参のサプリで効果を確認するには、適量をしばらく摂取しつづけることが大切です。無農薬栽培の田七人参なら、さらに安心して続けられるでしょう。