歳をとっても活発に動きたいなら大正グルコサミンを摂取しよう

身体の冷えを感じたら

ウーマン

寒さを感じると

体温調節機能により身体が冷えていくことを冷え症と言います。体質も伴って遺伝として子に伝わるケースも多く、漢方を飲むことで抑えることができます。男性よりも女性の方が多い症状とされていて、主な理由は筋肉量が女性の方が少ないことが挙げられます。原因として、自律神経の乱れ、ストレスが挙げられます。暴飲暴食ややけ食い、ストレス発散とも言える行為も身体に良くない行為です。夏場は暑いからといってクーラーや扇風機のある場所に長くとどまってしまうと自律神経が乱れてしまう恐れがあるため、なるべく汗をかく必要があります。冬に冷え症になる人が多いと感じられますが、こうした動きから夏場でも冷え症になる人が増加しています。

冷え性の改善方法

ストレスを感じたり、生理が止まりホルモンのバランスによる更年期障害であったり、女性の方が冷え症を感じやすいです。冷え症を改善するには、身体を温める必要があり、血行を良くすることで改善に繋がります。ビタミンEを食物で摂り、難しい場合はサプリメントで摂取することにより冷え症対策として対処することが可能です。ビタミンEには、ホルモンを調節する作用も含まれているので、イライラしたりすることも少なくなります。ビタミンEが含まれている食物は、ウナギ、アーモンド、たまごなどに含まれています。お手軽に摂ることができるので、普段の食生活からでも、十分に摂取しています。入浴の仕方を変える方法にも冷え症を改善できます。